3

火曜日は朝から京都へ向かった。
熱音響バイスの本を見せたら振動が熱になるのはそらそうでは?というような反応が返ってきてせやなとなった。量とか効率とかそいういう話なんだと思うけど肝心の僕が理解していないのでよくわからない。
熱力学の初歩を教わった流れで空気中の音速を導出することになった。巽友正『連続体の力学』を読む。近似がわからず詰まった。