86

月曜日

あんまり眠くて疲れていたので午前を休んだ。

 

状況設定に対してこれは等温可逆課程ね、などとぱっと出るような勘、慣れ、習熟が皆無だとひしひしと感じていたので熱力学の演習書を借りた。

化学寄りのものや統計力学と抱き合わせのものも多かったが、熱機関という感じの機械っぽい良さそうなのを借りられた。

あと田崎本も借り直しておいた。いろいろな視点からの構成を知るべきだと思ったので。

 

以上はすべてまだ読んでいない本に対する記述である。やれ。

85

日曜日

本番

なんやかんやうまくいったと思う。1ドロだった

下ばっか向いてて拍手しづらかったろうと思う。マニアックな技ばかり好きになったことを自覚した

しかし(自分のではなく一般の正規の)引退というの、よくわからない。みんな泣いてたけど。いや私も少し泣いた

退部したらできなくなるわけでもなし、実際続けますという人もそこそこいるわけで、かつOB枠とかで発表の機会もあるし、何がそんなに区切り感あるのか疑問だった

帰属意識の差なんだろうか。そんなんだからすぐ辞めて引っ掻き回すんだお前は

結局当日までほとんどの人に辞めることを言えずに最後の最後でおおごとにしてしまったのは申し訳なかった。それでも引き止めたり寂しがってもらえたのは有難かった。

咎める方向に思うところある人はあの場で言ってこないだろうというのもわかるので舞い上がらないようにしたいとは思う。じゅうぶんな不義理はした

 

恋人と仲直りができた。とても嬉しく頼もしい気持ちになった。よかった。

信じることの難しさをひしひしと感じる。

知りたいと思ってほしいという思いを理解できる日は来るんだろうか。話すことはまだまだある。

83

金曜日

バイト

ホールセンサのチャタリングを無視したら始動がそこそこ安定した

通信も一発で動いたので拍子抜け

テスト用にpyserialからcomポート触るやつを書きかけて、キー入力どないしよと詰まった。msrcvみたいな名前のやつ、楽だけどwinしか使えない